ヒーリングステージ

もとのページに戻る

アロマセラピーもしくはアロマテラピー(Aromatherapy)は、花や木など植物に由来する芳香成分(精油)を用いて、 心身の健康や美容を増進する技術もしくは行為のこと。お香やフレグランス・キャンドルも含め、生活に自然の香り を取り入れてストレスを解消したり心身をリラックスさせることも、広義にアロマセラピーと呼ばれています。

20世紀に入ってからフランスの科学者ルネ・モーリス・ガットフォセが造語としてアロマを提唱したそうですがその起源は。 古代にさかのぼり、精油の製法が確立したのは中世、日本への紹介は1980年代以降といわれてます。

科学による人体の解明と医薬品による効果が主に西洋の医学として現在人類の健康を支えているのは事実ですが、その昔 人類は洋の東西を問わず、植物の芳香を祭祀・儀礼・治療・美容に用いてきました。
芳香植物の利用は世界の各地域で独自に発展し、近代医学が発達する以前の人間の健康を担い、今でもそれらは、 伝統医学や民間療法として受け継がれています。
残念な事にこれらは学術的な根拠が薄い為に法的整備を整える事が難しい為、法治国家でさえあまりその効能や医学的 根拠は認知されていません。

ルネサンス時代には香水が大流行し、精油の生産量が増大ましした。
19世紀にはいると合成香料が出現し、また植物から有効成分だけを抽出して薬剤として用いるようになり、 現在でもヨーロッパでは、科学的な分析・検証の上で精油を心身の健康に応用しようという試みは盛んであり、 研究がすすんでいます。

このため、現在のアロマテラピーには大きく分けてフランス系とイギリス系の二つの流れがあります。
フランス系の アロマテラピーは医師の指導のもと精油を内服するなど、医療分野で活用されているのに対し、 イギリス系のアロマセラピーはアロマセラピストと呼ばれる専門家によって施されるなど、医療とは区別され、 心身のリラックスやスキンケアに活用されています。
一方、日本では近年の美容と健康のブームに乗って、多くの商品が見受けられるものの、薬害品という扱いで 効能を表示することはできず、また日本古来に伝わるこの種の療法も殆ど認知されていません。
いつもの事ですが法律整備ができていない中、エステブームにより日本に伝わったアロマセラピーの方法はイギリス系に 近いものとして国内でも精油への科学的アプローチが進み、代替医療としてアロマセラピーに関心を寄せる医療関係 者も増えているようです。


アロマセラピーの主役である精油が心身に働きかける経路は二つあります。ひとつは嗅覚刺激、もうひとつは皮膚や粘膜を 通して血流に乗り体内に入る経路です。しかし精油は数十から数百の揮発性有機物の混合物であり、ひとつひとつの成分 がどのように影響するのかを追跡するのは容易ではありません。


吸収ルートは大別すると次の4つあります。

ボディトリートメントなどによって、皮膚から真皮の毛細血管に至るルート。
呼吸により、鼻から喉・気管支・肺にとどく間に粘膜に吸着し、粘膜下の血管に入るルート。
呼吸により肺胞でのガス交換時に酸素とともに血流に乗るルート。
経口で口から小腸に至る消化管から吸収されるルート(坐剤として肛門や膣の粘膜から吸収させる例もあります)。


精油の成分の構成や有効成分・毒性のレベルなどの解明は近年かなり進んできてますが、個々の成分が体内で何を引き 起こしているのかについては、分子生物学レベルの研究が待たれます。 それでは、伝統的な植物療法から推測される精油の働きについて簡単に紹介したと思います。

生体組織への直接的な関与 例:ローマン・カモミールの(筋肉などの)鎮痙作用、ローズマリーの血行促進作用、ラベンダーの止血作用、など 防御システムを助ける働き
例:ティートリーの抗菌作用、フランキンセンスの免疫強化作用、ユーカリの去痰作用、など 代謝を助ける働き
例:ジュニパーの利尿作用、グレープフルーツのリンパ系刺激作用、など 心身のバランスへの関与
クラリセージのエストロゲン様作用、ペパーミントの三半規管の調整作用、ネロリの抗不安作用、など
なおこれらの作用はそれぞれの精油の働きの一端にしか過ぎません。
精油はそれぞれに様々な性格をもち、組み合わせることによりさらに多様な作用を見せる場合もあります。
また、用法を誤ればかえって心身に害をもたらす場合もあるので注意が必要で、特にハーブ系の口に含むものには アレルギー反応を示す場合もあるので注意が必要です。


精油の皮膚への作用
収れん作用(アストリンゼント作用)
例:イランイラン、サイプレス、サンダルウッド(白檀)、ジュニパー、
  フランキンセンス(乳香)、ローズオットー、ローズマリーなど

保湿作用(モイスチャー作用)
例: エリモント作用(皮膚をやわらかくする働き)
例:ベンゾイン(安息香)など


アロマの中にはハーブを利用しているものもあります。ハーブは、元来ラテン語で草本性の植物、つまり草を意味します。 一般にハーブという場合、特にヨーロッパで薬用の薬草やスパイス等として有用な植物を指します。
食用として利用できるもの。
食べられないが香りを利用できるもの。
両方を利用できるもの。
香り以外の非食用用途のもの
に大別することができる。

いずれも、利用する事で、大なり小なり薬効を得られるとされている事が多いとされています。
しかし、特に薬用と謳われるハーブの中には、毒性が強く、用法や量を誤ると深刻な中毒症状を引き起こすものもあるの で利用には注意が必要です。
ハーブはまた食材として味付け、香り付けにも使われたり、お茶(ハーブティ)として使われたりします。
香りを利用する方法としてはポプリや精油等としての利用があります。
香りの持つ薬効も知られており、現在ではアロマテラピーの中で利用されたりもします。


ハーブの種類としては次の四つの種類があります。

ハーブ系 - ラベンダー、ミントなど
樹木系(天然樹脂系) - ジュニパー、パインなど
オリエンタル系 - サンダルウッド、イランイランなど
花精油系 - ローズ、ジャスミン、ネロリなど 「ライスオイル」は、コメヌカ油のみを原材料に使用したライスオイルです。
使用後のベタツキがなく、フェイス・ボディ・フットマッサージなどにご使用いただけます。


精油を採る植物
精油を採る植物は多岐にわたります。
オレンジのように花、葉、果実から異なる精油が得られるような植物。 以下が主な採油植物とその部位です。
花・蕾: バラ、ジャスミン、オレンジ(ネロリ)、カモミール、イランイラン
葉: オレンジ(ペチグレン)、ゼラニウム(ニオイテンジクアオイ)、ユーカリ、ティートリー
果皮: オレンジ、レモン、ライム、ベルガモットなどの柑橘類
果実・種子: コショウなど多くのスパイス類、バニラ
樹木・樹皮: ビャクダン(白檀、サンダルウッド)、マツ、ヒノキ、シナモン
樹脂: フランキンセンス(乳香、オリバナム)、ミルラ(没薬(もつやく))
根・根茎: ベチバー、アヤメ(イリス)
全草:ラベンダー、バジル、ローズマリー、ミントなどハーブ全般

索引 Wikipedia


<<続く>>